Главная > Пресса >Японская пресса о нас

Японская пресса о нас

Японская пресса о нас

多くのロシア人が日本に感嘆して、訪問を夢見ていることは秘密ではない。だが、夢の国に移住できるのは、本当に勇敢な人のみ。何が祖国を離れる決意をする人を動かすのか?憧れの国への態度は、移住後に変わるのか?異国で「内」に入り込むことは可能なのか?ある時日本を訪れ、永住を決めた若き女性起業家ユリア・エンヘルさんの歴史を語ろう。 
© 写真: Yulia Enhelユリア・エンヘルさん(28)は、ロシア人ビジネスレディで、美しさと健康的なライフスタイルを追求する闘いに身を捧げる。エンヘルさんは会社を立ち上げ、スポーツや正しい食生活、身体のケアの仕方に関するビデオブログを続けている。彼女の成功が訪れたのは、初めて日本を訪れ、日本と人生を結びつけようと決意するほど日本に恋した後だという。現在エンヘルさんはモスクワと東京の2重生活を行っているが、今後の計画は日本に関係している。ファーストインプレッション

「私が日本を初めて訪れたのはおよそ5年前。当時私はある多国籍企業で働いており、日本での海外出張に送られました。ですが、内心では子供の頃からこの旅行の用意をしていたように感じます。日本はその変わった鮮やかさと謎、歴史や文化で私に向かって手招きしていました。日本をまもなく訪れると知り、とても喜んで出張の用意をし始めたのを覚えています。」「東京に到着してまずしたことは、成田山新勝寺訪問でした。その寺について多くを読み、訪問を夢見ていました。偶然にも幸い、ちょうど炎の世界に往する不動明王への神事に遭遇しました。神事に参加して、儀式に用いる香閣でかばんをお清めできました。
驚くべき国に行くのだと頭では理解していましたが、あらゆる期待が叶いました。日本は違う世界で、ここの人々はまさに宇宙人です。この国では、周りの全てが理想的だと感じます!」

メンタリティーの違い
「私の多くの友達は日本人と結婚しており、人生に満足しています。もちろん、ロシアと異なるあらゆるメンタリティーに慣れる必要はあります。ですが日本人は振る舞いがきちんとしていて、客あしらいがいい人々です。大事なことは、彼らの文化、伝統、習慣を尊重することです。とはいえおそらく、日本の自制され、すべてのことに余りに真面目にアプローチする態度に慣れることが難しいと感じる人もいるでしょう。また、最初のころ、彼らが不器用だと見た動き1つ1つに対して笑ってくることには傷つきました。私が感情豊かに身振り手振りを示したところ、困惑されたりもしました。日本人はあらゆることに自制がよく効いており、外国人の振る舞いは異なります。最初は、私の何が日本人に面白いのか理解し難くて気まずく、とても不愉快でした。とはいえもちろん、このようなリアクションがどこにでもあるわけではなく、東京では笑われませんでした。」

「日本人とロシア人では異なる点のほうが断然多いですが、それでも共通点はあります。例えば、宿命論のような性質です。何かが上手くいかなければ、日本でもロシアでも「やれることはしたけど、上手くいかなかった」と言います。もう1つの類似点は、お酒好き。日本人は大酒を飲むことが好きで、仕事帰りにバーに立ち寄り、数杯飲みます。また、御存知の通り、日本からロシアにカラオケが入ってきたのです。金銭への態度も似ていて、金を最終的な目的とみなさないのです。」[/cs_text][cs_text]

日本は私の人生を180度変えた
日本についての夢想は偶然ではなかったのです。日本こそが、私の人生を180度変えました。わずか1回目の訪問の後です。 日本の全てが私にインスピレーションを与えます。伝統や文化、言語、歴史、伝説。日本料理は私の情熱で、非常に美味で洗練されており、健康的で常に新鮮です。私は健康と、口に入れるものをしっかりと管理しており、日本料理は全て、私に合っているのです。それに私は、文字通り全てが見つかる日本の店が大好きです。「ドン・キホーテ」です。あんな店、見たことありませんでした。店内はラックとカウンターからなる迷路さながらで、化粧品から始まり家電製品に至るまで全てを見つけることができます。

Японская пресса о нас tild3234 3363 4261 b430 623663643061  b5e00a2382634e0c946f

ユリア・エンヘル

[/cs_text][cs_text class=”cs-ta-center” style=”padding: 50px;”]「ですが何より日本で驚いたことは2つ、部屋に暖房がないことと、こたつです。マンションにセントラルヒーティングがあるのは北部だけ。他の地域はヒーターやエアコン、電気毛布にホットカーペットなどで自分であたたまるのです。ですが、こたつは私を魅了しました。各家庭にあると言われています。冷たい冬の夜に1つ机に家族みんなが集まって、温まることができるというのは素晴らしいですね! 」

日本の皆さまへのメッセージ ロシア人について
「おそらく、日本人のなかで最も広まっているロシア人についての神話は、ロシア人が怠け者だということでしょう。もちろん、ロシア人は日本人よりのんきな国民かもしれませんが、怠け者というわけではありません。大多数のロシア人は非常に熱心に働いています。もう1つ、日本人は、ロシア人が感情的過ぎて外見は厳しく、笑みを浮かべないと考えていますが、じつはロシア人は無骨で、誰彼なく常に笑いかける習慣がないだけなのです。私たちは、望むときにのみ笑顔を贈るのです。これはおそらく、慣れる必要があるでしょう。」

ユリアさんは今、多くの時間をビジネスの拡大に割き、世界中を飛び回っている。しかし、人生と日本を結びつけると設定した目標達成は叶えた。そして、積み重ねたこの状況を変えたいとは思わないという。さて、文化やメンタリティーの違い、国境でさえ、夢の実現を阻むことなんてできるのだろうか?

5 декабря 2017 от источника: Японская пресса о нас